事業内容

当組合は、それぞれに得意分野を持った組合員が共同してその力を発揮し

「総合力のあるシステムインテグレーター」として地域経済の発展に寄与することを目的としています。

1 共同受注事業
地域の情報化を積極的に捉え、組合員相互の情報交換を積極的に行い、機会に応じて相互の資源を有効に活用する。
2 調査研究事業
公的制度活用の調査と研究を行い、各種事業活動の指針をはかる。組合員各社の事業状況の調査と分析を行ない、相互の資源活用を促進する。
3 教育情報提供事業
組合員各社の経営課題を基に、各々の経営者がその対策などを議論し、経営の向上を図る。定期的に研究会・講習会を開催する。近畿情報システム産業協議会(KISA)、京都府情報産業協会(京情協)など関連団体の行事に参画し、その活動を通じて組合員各位の知識の向上をはかる。
4 福利厚生事業
各種の福利厚生制度を幅広く検討し採択をはかる。組合員相互の信頼と親睦をはかるため、機会に応じた事業をはかる。
5 市場開拓事業
地域の情報化を積極的に促え、組合員相互の情報交換を積極的に行い、機会に応じて相互の資源を有効に活用する。